2017年 02月 05日 ( 4 )

くも膜下出血 その4

そのあとのことは 約2日記憶がないので、

主人に聞いた話です。


眠りこけている私とはうらはら

ドクターは一晩中 検査をし、主人は朝方まで待っていたそうです。

コトの重大さをわかっていなかった主人は、

「あのーー 2,3日でうちに帰りたい、と言ってたんですけどねーー」

とドクターに言ったら

「そんな甘いものではないです。この病気は3分の1はなくなり、3分の1は重篤な後遺症が残り、見た目何もなく無事に治る人は3分の1なんですよ」

と言われ、目が覚めたようです。

そして 山のような同意書にサイン・・・

検査や手術の危険性について理解した、という同意書です。
わずかな可能性とはいえ、可能性がある限り 医師はそれを患者に伝えねばならないし、
患者はそれに同意してからでないと 検査ができません。

明け方家に帰ったそうですが、

「朝10時から 7時間以上の手術をするので、来てください」と
電話を受け、
また病院にとんぼ返り。

夕方6時ごろ 手術は終わったそうです。

[PR]
by miko-hiko | 2017-02-05 13:50 | 病気 | Comments(0)

くも膜下出血 その3

そのあとのことは
記憶がおぼろげなのですが

なにか検査台か、ベッドのような処に寝ていて
点滴?されていました。

なんだか かなりおーげさなことになったな、
でもま、いいや、次 目が覚めたら きっとこの頭痛はすっきりしてる♪
などと思っていました。

名前を呼ばれ、返事をしたりしてたら
「眠くなりませんか?」
と聞かれ
「寝たほうがいいのですか?」
というと
「深呼吸してください」
と言われ 2回目の深呼吸までは覚えているのですが、

そこから記憶はっぷっつり消えていました。

これ以上出血がないよう、沈静されていたのだと思います。
[PR]
by miko-hiko | 2017-02-05 13:36 | 病気 | Comments(0)

くも膜下出血 その2

造影CTを受けた結果

後頭部に走っている太い血管4本のうち、
1本に瘤ができているということ、

そこから出血しているかどうかは、わからないということでした。

なので 背中に針を刺して
脳脊髄液を取り、そこに血液が出ているかどうか
検査するといわれました。

「コワイよ~~」

脊髄に針とか ぜってーー痛えだろ~~
やめてくれよ~~

と思いましたが、頭が痛すぎたせいか、
麻酔が効いたせいか(麻酔の注射が一番痛かった)
そこまでの痛さではありませんでした。

そのあたりから電話連絡を受けた娘と息子が来ていました

大したことないのに
休日なのに
来てもらって申し訳ない

という気持ちでいっぱいでした。

背中の髄液

自分では見えないので、
ドクターたちがが私の背中を見て
「キレイキレイ」と言ってたので
安心。やっぱり出血はしてなかったと 安堵。

後で娘に
「出血したらしいよ」

言われた時、
「キレイ」って言ってたのはなんだったんだよ~~!

本人目の前にして、「出血してる」とは言えず、
「キレイに出血してる」といってたのか~~
なんだったんだよ~~!!(ムラサキの木南晴夏 風)

地獄に叩き落されました。

続く
[PR]
by miko-hiko | 2017-02-05 12:06 | 病気 | Comments(0)

くも膜下出血 その1

2017年

新年を迎えてやりたいこといっぱい
目標も立てて
いろいろ模索しながら頑張っていたとは思います。
(だたし好きなことだけ)

1月14日土曜日

『勇者ヨシヒコ』シリーズ
が大好きな私は

脚本家が同じであるドラマ
『スーパーサラリーマン佐江内氏』

を楽しみにしていて

放送時間前にお風呂に入ろうと思いました。

朝から体調が特に悪いわけではなく、
とても寒い日だったので、一日中引きこもり、
夜は家にあるものでカレーを作り
食べてました。

お風呂は主人の後に入りました。
2番風呂です。

服を脱いでも特に「寒いっ」 と感じたわけではありません。

でも入った瞬間 後頭部に絵の具が広がるように急に痛みが広がりました。。

ずっと前から首の後ろが痛くて、昨年末には後ろを振り向けないほど
首が痛くて 車の運転も苦痛になってた理由が
すべて解明できたような気がしました。

はしくれとはいえ、いちお医療従事者なので、
確信?しました。
「これ くも膜下出血じゃね?」

よく後頭部を突然バットでなくられたような痛みがあるといわれますが、
私の場合、そこまで痛みは強くなく、

首の後ろの硬直がひどかった。背中にちっちゃい十字架を背負わされた感じで、
首を後ろにも前にも曲げられない という症状が強かったです。


そこでお風呂から出ればいいものを

「病院に行くけど、とりあえず病院に行くなら体キレイにしとかないと・・・
 お風呂には入っとかないと・・・」



裸になりついでに 髪の毛から全部洗いました。



出るころには 立っていられないよう状態になり、
素っ裸で

主人に「救急車呼んでーー!」

と頼み 救急車が来るまで、服を着るのが精いっぱい。

髪はびしょびしょだけど、乾かす気力は残っておらず。

救急車に乗ると、安心してぐったりしてしまいました。

主人によると、その時の私は 顔面蒼白だったそうです。

でも心のどこかに
「まだ若いし、そんなわけがない、違ったら救急車に乗ったことみんなに自慢しよっ」

という考えもありました(不謹慎なっ)

救急車が到着してすぐに検査。

CTもMRも異常はなく、
「やっぱりか」
と思いましたが、

造影CTを摂るといわれました。

この造影CT室に入り、CT台に乗ったとたん
激しい吐き気。

検査技師さんがたくさんいる前で
全部吐いてしまいました。
夕飯にカレーを食べたことをこの時激しく後悔しました。

造影剤を使ったCT
造影剤を血管に入れると、
からだじゅうが カッと熱くなります。
気持ち悪いったらないです。

続く

[PR]
by miko-hiko | 2017-02-05 11:48 | 病気 | Comments(0)

今までそんなに気になってなくても、沼に落ちるのは一瞬だ(;´Д`)


by みこひこ
プロフィールを見る
画像一覧