「それでも妻には高級酒」女と金に翻弄された小室哲哉の転落人生

「それでも妻には高級酒」女と金に翻弄された小室哲哉の転落人生

スゲー言われようだな。

小室哲哉からおいしい思いをさせてもらった人も
少なくはなかろうに。

金の切れ目が縁の切れ目か・・・

まぁ、詐欺を働いちゃダメですがな。

今日、話をしてたら、
「何でこんなに儲かってるのに、貯金してなかったのだろうか?」
と言ってた人がいた。

それはムリですね。

庶民の発想です。
ちまちまと貯金するような常識のある頭脳の人だったら、
こんなにたくさんのヒット曲をかけなかっただしょう。

だから言ったじゃないか!

あの時、1億ほど渡してくれてれば私が上手に増やしてあげたのにのぅ・・・
Commented by minapanna at 2008-11-06 16:03
この事件、本当にショッキングでした。
私はまさに青春時代が小室哲也全盛期で、華原朋美、安室奈美恵などが大活躍していました。

近年はヒット曲が無いと言っても、印税などで何千万か収入はあった、というような記事を見たのですが、一度豪華な生活をすると、人はその生活レベルを落とせないものなんでしょうかねぇ。
何千万もあれば、私なら貯金もできるし、あんなこともこんなこともできる・・・と夢は膨らむばかりなんですが。

本当に金の切れ目が縁の切れ目。
奥さんのKEIKOも賢いんだかバカなんだか、よく分からないなぁと思います。
Commented by みこひこ at 2008-11-06 21:39 x
>☆ゆき☆さま
私もともちゃんの高くて透った声が好きだったな・・・

収入が高かった人が、収入が下がったとき、
生活をその枠に収めるのが一番難しいと聞いたことがあります。
逆に言えば収入にあわせた生活ができれば苦労することはないそうですが、やっぱりむずかしいんでしょうかねぇ。
そんなに収入があがったことがないので、
ゼンゼンわかりませ~~ん。
Commented by gomaanko at 2008-11-07 00:18
小室さんのまわりにいた方々、
なにかしら、トラブルにまっきこまれてるよーなきがする。
ともちゃんも失恋の後うつろなヒトミにむくんだ顔で復活宣言を
したかとおもったら、お相手はもう結婚してるのに、
「まだあなたがわすれられない」といった内容の作詞でうたったりて、
結局薬物に依存するなんて...そんなに彼は魅力的なんですかね~。
TMネットワークの木根さんのコメントに「かれはいろんな女性とつきあうたび、曲を生み出してきた」みたいなこといってた。
作曲の原動力といったところか。
でもやっとつれそえる相手といっしょになったらヒット曲はできない、
ということはやはり、結婚にはときめきはないということですな。
Commented by miko-hiko at 2008-11-07 13:52
ともちゃんも今となれば別れててよかったよ。

女性には優しそう。職場結婚する人は、また仕事を一緒にする女性と恋をするので、次々にパートナーを変えるんでしょうな。
こうなる前に破産するとかでけんかったんかのぅ。
ほっといても年間何億か入ってくるんじゃし。

ま、関係ない世界の話じゃけどな。
by miko-hiko | 2008-11-04 20:09 | 日常 | Comments(4)

『th』の発音


by みこひこ
プロフィールを見る
画像一覧