子供の話はちゃんと聞きましょう

兄は人の話をちっとも聞かん。
もちろん先生の話も聞かんから、
小学校のときも工作や家庭科、人と違う作品を作っていた。

「何でも1番に完成させるんですが、
 やり方を良く聞いていないので、
 最終的にちょっと違うものになってしまうんです。」

と、担任にも言われていた。

先日、兄が肘に大怪我をして、それが化膿して、
大量の膿が出ていた。

「また友達とくるよーたんじゃろう。(ふざけていたんでしょう)
 高校生にもなって、えーかげんにしねえよ(いい加減にしなさい)。」

といったら、

「違うわ。体育の時間に走り幅跳びをして、
 おんなじところを2回擦ったんじゃ。」

人の話を聞かずに思い込むのは、
親ゆずりか・・・。
 
[PR]
Commented by mi-mi_blog at 2006-09-24 19:01
お兄ちゃん、痛そうな怪我をしてますね。
膿むと、熱を持って痛痒いんですよねー。(経験済み)
しかし、門前の小僧習わぬ経を読む、1を聞いて10を知るというタイプもいますから、お兄ちゃんは頭がいいんですね。
Commented by yassy127 at 2006-09-24 21:05
もっとさかのぼってごらん。
Commented by れがさん at 2006-09-25 09:31 x
私なんて、話を聞いていても、違った物が完成してましたよ。
不器用な人間なもんで・・・。(高倉健)
Commented by miko-hiko at 2006-09-25 19:49
>みーみさま
そうですね、すごく痛がっていました。
1を聞いて10を知るですか・・・多分10分の一しか理解してないと思います。
Commented by miko-hiko at 2006-09-25 19:50
>yassyさま
そうか、呪われた血筋だったのですね・・・
Commented by miko-hiko at 2006-09-25 19:55
>れがさん
結果的に独創的なものができたら、いいかもですね。
私はとろくて、食べるのとか、作るのとか、すごく遅かったです。
by miko-hiko | 2006-09-24 18:37 | 日常 | Comments(6)

日曜劇場 小さな巨人 4/16 9:00~


by みこひこ
プロフィールを見る
画像一覧