日本の塩田王と呼ばれた江戸時代の大庄屋 

江戸時代後期に1代で塩田王となった野崎武左衛門、(1789年 備前国児島郡味野村生まれ)の旧宅にでかけました。

野崎武佐衛門は、1827年から1863年にかけて瀬戸内の浜に於いて入浜式塩田を開発し、日本の塩田王と呼ばれるようになった人です。

d0055259_18551492.jpg←ここが玄関

興味深いのは台所とお風呂
      ↓
d0055259_1905140.jpg

d0055259_19183.jpg


H15年、吾郎ちゃん扮する金田一「犬神家の一族」の撮影にも使われました。
d0055259_1951854.jpg

d0055259_197353.jpg

by miko-hiko | 2005-08-15 19:09 | 日常 | Comments(0)

『th』の発音


by みこひこ
プロフィールを見る
画像一覧